たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市

2011年10月20日

大島のあしたば

大島あぐりクラブの菊池さんの農園の明日葉は蒔の原木となる落葉高木「ハンの木」の下で栽培されます。
ハンの木を植えてその下に明日葉の種をまき、育てています。
大島のあしたば


ハンの木の根には大量の根粒菌が付着しています。
この根粒菌が絶えず土中に溶け込んで、豊かな栄養分を十分に吸収して優れた明日葉が育てます。
また、落葉樹であるハンの木は、夏場は葉を繁らせて太陽の直射から明日葉を守り、秋から冬にかけては落葉して、これを肥料とするとともに、今度は冬場の日光を十分にいきわたらせるという自然界サイクルをつくり出しているのです。
もちろん、農薬を使わないで育てています。
通常島外で販売されている「あしたば」の殆どはJAの指導のもとに、日持ちのするしっかりと育った「あしたば」が出荷されています。すこし、堅めで筋が残る食感です。それが、航空便で出荷することにより、島内で食べられる美味しい朝摘みの「アシタバ」の若芽を、調布で食べることができるようになりました。
今日(10月20日)10:34に調布空港から調布駅前の「四季彩調風」「炉端焼き調風」に「しかく豆」と一緒に納品しました。
生産者の菊池さん、白井さんも絶賞の天麩羅でご賞味ください。
大島のあしたば





  • 同じカテゴリー(島しょの食材)の記事画像
    新島らっきょうの本年度販売終了
    新島の島らっきょう
    BIG あしたば
    珍しい魚が神津島から1月10日に到着
    新食材おかのりが登場!
    島から新食材が続々届いています!
    同じカテゴリー(島しょの食材)の記事
     新島らっきょうの本年度販売終了 (2012-06-02 18:48)
     新島の島らっきょう (2012-03-28 11:49)
     BIG あしたば (2012-03-14 21:28)
     珍しい魚が神津島から1月10日に到着 (2012-01-10 21:04)
     新食材おかのりが登場! (2011-12-21 16:28)
     島から新食材が続々届いています! (2011-12-18 11:23)

    Posted by 「調布島プロジェクト」 at 11:48│Comments(0)島しょの食材
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    大島のあしたば
      コメント(0)