たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  調布市 調布市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2012年10月03日

伊豆大島に生花を送りる。

調布と島の「まちしまおこし」
こんなこともやっています。

伊豆大島に生花を送る


台風19号、20号が発生して近づいてきていますが、
先週は、台風17号、18号が同時期に発生。
17号が日本を縦断し、18号が伊豆諸島を直撃しました。

そんな状況下、9月30日にこんなことがありました。
台風が直撃して海が荒れて数日間、島人の足である
東海汽船が欠航。そんななか、我々のプロジェクトの
島側の取り引き先の関係者の方が亡くなり、
「台風で数日間、(島人の足である)東海汽船が欠航。
島に通夜で飾る生花がない。なんとか調布で
調達できないか」と連絡があったのです。
台風で船が欠航しても台風の位置次第では
飛行機は飛んでいることがあります。

代表の丸田が調布の花屋に電話。3件目でようやく
対応できる店を見つけ、翌日に島に生花を送りました。

先日は、新島のイベントの景品として、
これまた丸田代表が調布パルコのミスタードーナツで
「10個入りドーナツセット」を大量に購入。
島に送り、景品として大人気を得ました。

台風がおくると多くの場合、船は前後2~3日欠航。
そうなると、島では、生鮮食料品がなくなることあるそうです。
事実、この台風18号のときも島には生鮮食料が
なくなり、たとえば式根島の人はカップラーメンばかり
食べていたそうです。
そんな時、もし飛行機が飛んでいたら、
島の隣人として我々が調布で食材を調達。
島へ送ることも可能です(実際、飛んでました)。
必要がるのなら、調布市内の小売店と提携して、
そんな緊急時の配達ネットワークることも可能です。

調布と島々が連携した「まちしまおこし」。
お互い隣人として困ったときに助け合う、
こんな取り組みを積極的にできればと思います。

協力していただいた「HANA花」の渡邉さん、
感謝です。ありがとうございました。
  


  • Posted by 「調布島プロジェクト」 at 18:24Comments(0) 最新情報

    2012年10月01日

    伊豆大島のあしたばが大好評!

    調布駅前で
    伊豆大島のあしたばが好評!





    「調布市観光案内所「ぬくもりステーション」前をお借りして、
    伊豆大島あしたばキャンペーン」を開催してきました。

    調布アイランドのスタッフ4名、インターンで来てもらっている
    明星大の学生3名の総勢7名のスタッフで
    13時から16時すぎまで伊豆大島のあしたばを中心に
    島食材を販売しました。

    まだまだ完成度は低いですが、時間のないなかで
    自分たちのできる範囲で店舗の演出をしてみました。
    なんだか、学生時代の文化祭みたいですね。

    思いのほか、伊豆大島など島に住んでいた、若いころにいた、
    最近旅行にいってきたといった人が多く、大島アグリクラブさんの
    あしたばやしかく豆が好評。島とうがらし、てんぐさ、椿油、
    新島のくさやなどが多くの方に買っていただきました。

    今後、島食材のアピールの意味も込めて、市内各地で
    「島食材フェア」をやっていく予定です。
    街で出会ったら気軽に声をかけてください。
    加工品も含め、島食材、おいしいですよ。
    食卓が豊かになります。

    かくいう筆者・石原も昨日は、あしたばとしかく豆の
    天ぷらを作って妻にふるいまい、大好評でした。

    明星大の学生さんたちもごくろうさま。
    ありがとうございました。

      


  • Posted by 「調布島プロジェクト」 at 12:12Comments(0) 最新情報